仮想通貨取引所 Binanceの登録方法・使い方について解説!手数料がとにかく安い!

こんにちは、ケンイチです。

中国の仮想通貨取引所であるBinanceの登録方法と使い方について、解説していきます。

Binanceは2017年にサービスを開始した新しい取引所ですが、取扱銘柄が非常に豊富で、その数100種類以上にもなっています。

手数料も最大0.05%で取引ができ、ほかの取引所と比べても圧倒的に有利です。

また、サイト上でGoogle翻訳に対応していますので、日本語表示でトレードできるので便利です。

Binanceは以下から登録が可能です。

 

Binanceのメリット

  • トークンBNBを利用すれば、手数料が0.1%から0.05%と安い
  • スマートフォン用アプリが使いやすい(オススメ)
  • 取扱銘柄が100種類以上
  • 本人確認しなくても全然使える

以上のように、かなりメリットが多いです。

取扱銘柄も非常に豊富なので、国内の仮想通貨取引所とBinanceさえ開設しておけばほとんどの通貨が手に入れられますよ。

 

Binanceの登録方法

それではBinanceの登録方法について解説していきます。

サイトにアクセス

こちらからBinanceにアクセスします。

メールアドレス・パスワードを記入

メールアドレスと新たに設定するパスワードを記入します。

パスワードは流用せずに、パスワードジェネレーターなどを利用しましょう。パスワードを流用するとハッキングされる危険性が高まります。

 

メールを確認する

入力したメールアドレスに確認メールが届きます。

[Verify Email]をクリックすると登録完了です。

その後、ログインボタンがあるので、そのままログインします。

二段階認証を設定する

画面右上の「アカウント設定マーク」をクリック。

右下の「Google認証」をクリックして二段階認証を設定します。

Google AuthenticatorでQRコードをスキャンします。

登録したログインパスワードと、Google Authenticatorに表示された6桁の数字を入力し、確認をクリック。

 

登録は以上で完了です。

24時間引き出し限度額が2BTCのアカウントクラスになります。

ビットコインの入金

まずは「ファンド」-「残高」をクリックします。

ビットコイン(BTC)を探して、入金をクリックすると、自分のビットコインアドレスが表示されますので、国内の取引所等から送金したら完了です。

 

本人確認は必要なし

Binanceは本人確認を提出しなくても、一日2BTCまで出金が可能です。

そのため、ほとんどの方は本人確認する必要がないですね。

まとめ

現在私のメインで使っている取引所は、国内のコインチェックと海外取引所のBinanceです。

Binanceの独自のトークンBNBを利用すれば0.05%という破格の安さで取引が可能です。

 

また、今後のBTCのハードフォークのすべてに対応していくこともアナウンスされています。

是非登録していない人は登録しておくことを強くお勧めします。

登録はこちらからできます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です