BTCFXはbitbankTrade(ビットバンクトレード)がおすすめ!特徴・手数料について解説!

ビットバンクトレードはレバレッジ最大20倍(BTCFX)の取引ができる取引所です。

現物取引ができず、先物取引に特化した取引所といえます。

 

ビットコイントレードがおすすめできる理由について解説していきます。

現物取引をしたい方は、同じ会社が運営しているbitbankやcoincheckがおすすめです。

 

 

 

ビットバンクトレードのメリット

流動性の高い取引所なので安心して取引できる

ビットバンクトレードは日本初の追証なしビットコインFX特化の仮想通貨取引所です。

国内取引所では、ビットコインの先物取引の取引所もありますが、多くが参加者が少なく流動性がいまいちです。

ビットコインの価格が大幅に下がった場合、多くの売り注文が入ります。流動性が低い取引所だと、売買が成立しない可能性が高いです。

 

しかしビットバンクトレードは世界最大規模のOKcoinの板を使っているため、高い流動性を確保できています!

そのため安全・安心に取引することができます!

 

簡単にトレードが可能

ビットバンクトレードの取引単位は「枚」です。

この「枚」は「100ドル分のビットコイン」をどれだけ取引するのかという意味です。

そのため画像のように、枚数が整数で表示されておりとても見やすい取引板になっています。

またUIも初心者にもわかりやすいようにデザインされている点も良いです。

ロスカット値が20%とかなり低い

ロスカットとは、含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる強制決済のことです。

ビットバンクトレードでは証拠金維持率は20%と他の取引所と比べてもかなり低く設定されています!

そのため中期的なトレードにも強い取引所です。

取引所 証拠金維持率
zaif Air FX 30%
bitflyer lightning 50%

追加証拠BTC(追証)が不要

ビットバンクトレードでは追加証拠BTC(追証)が不要です。

運営会社の決済時の利益を積み立てることで、利用者の損失を補てんしているようです。

金利(スワップ)支払いが不要

一般的にレバレッジ取引をすると金利(スワップ)支払いが必要です。

この金利支払いは、取引場によっては1日単位で請求されます。

ビットバンクトレードでは、この金利払いが不要となっています!

それは、ビットバンクトレードが先物取引という制度をとっているからなのです。

そのため、ビットバンクトレードは長期繊維も向いているといえます。

先物取引の限月(げんげつ)について

ビットバンクトレードはレバレッジ取引は先物取引です。先物取引には限月(げんげつ)という仕組みがあります。

赤く囲った部分が限月です。

BTCFX1117であれば11月17日17:00に取引が終了するという意味です。

その期限までに売買して決済することも可能ですし、期限まで放置して「清算値」で決済することも可能です。

期限まで放置する場合は、システムが自動で決済するため自分で改めて売買する必要はありません。

期限までに自動決済するため、基本的に「塩漬け」状態になることはない点もいいですね。

ビットバンクの登録方法

bitabankTradeは、本人確認前・本人確認後では入出金限度額が変わります。

アカウントレベル 出金上限/日
本人確認前 10万円相当まで
本人確認後 500BTC

本人確認をしないとかなり不便ですので、あらかじめ本人確認を済ませましょう!

登録方法・本人確認方法は「bitbankTrade(ビットバンクトレード)の登録方法を解説!bitbank.ccで本人確認して連携しよう!」にて詳しく解説していますのでこちらで確認してみましょう!

 

以下のリンクからビットバンクトレードを解説すると、半年間手数料が20%オフになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です