12月にビットコインがハードフォークする?ビットコインシルバー爆誕の予感

こんにちは、ケンイチです。

11月にハードフォークしたビットコインですが、12月に再度ハードフォークするとの情報が入ってきました。

Bitcointalkにて宣言されています。

ビットコインシルバーのハードフォークの目的は『ビットコインを本来の非中央集権へ』ということです。

いったいいつまで分裂するのでしょうか。ついていけません。

ビットコインシルバーについて

  • 供給量 : 2100万
  • 承認アルゴリズム:PoW
  • マイニングハードウェア : GPU
  • 承認間隔 : 30 sec
  • ブロックサイズ: 1M (2-4M)
  • Segwit : あり
  • リプレイ対策 : Yes
  • Unique address format : Yes

Bitcoin Silverの略称はBTSIのようです。

初期コイン分配方法は、Bitcoin Cash(BCH)で使用されているものとまったく同じのようです。

12月にBTC秘密鍵を所有しているBitcoin保有者は、BTC = 1BTSIのBitcoin Silverを受け取ることになります。

 

ビットコインは誰のものか?

ビットコインシルバーの仕様は、ブロックサイズの拡張性以外は特に差異はありません。

これは、ビットコインシルバーの発起人周辺が大儲けするための道具にすぎず、通貨としての意義はあまり感じられません。

 

ビットコインは8月の分裂危機で誕生したビットコインキャッシュをはじめ、ハードファークを何度も繰り返しています。

その際に、なにもないところから、いきなり新たな通貨があらわれています。

 

率直に考えて、何もないところにお金としての価値が発生し続けています。

そうして分裂してきた通貨で、儲けている人たちも実際に存在しています。

 

ここで儲けている人たちというのは、ビットコインを運営している人たちや、一部マイニング企業のことです。

ビットコインは非中央集権的な通貨のはずでした。非中央集権的であるため、トラストレスな通貨になるはずでした。

しかし実際には、こうしたハードフォークを繰り返し一部の人たちに利用されている通貨でもあり、中央集権的な通貨になっています。

 

こうしたハードフォークが続いていくのであれば、いずれビットコインの価値は大幅に下がっていくと思います。

 

ビットコインシルバーとビットコインの価格はどうなる?

12月に入って、みんなが儲けたい!あがる!と思えばあがるし、ビットコインはもうだめだ!と思えば下がります。

投機的な力が強い現在では、価格は上がるのかな?とも感じますが、仮想通貨の将来を考えると、ここらで価値を下げてきてもいいんじゃないのかとも感じます。

ビットコインはババ抜きゲームになっていくのでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です