仮想通貨取引所『サイバーエージェントビットコイン』の設立について思うこと

こんいちは。ケンイチです。

今回は、サイバーエージェントの仮想通貨取引所の新規設立に関して考察してみました。

サイバーエージェントビットコインの設立

株式会社サイバーエージェントは、2017年10月2日に株式会社サイバーエージェントビットコインを設立しました。

公式サイトによると、サイバーエージェントビットコインは2018年春に仮想通貨取引所の新規運営を予定しているようです。

仮想通貨取引事業子会社 株式会社サイバーエージェントビットコインの設立について

 

サイバーエージェントビットコインの会社概要

社名 株式会社サイバーエージェントビットコイン
所在地  東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号
設立日 2017年10月2日
資本金 1億5,000万円
代表者 卜部宏樹

サイバーエージェントについて

サイバーエージェント株式会社というとピンと気づきにくいですが、Amebaブログを運営している会社というとわかりやすいですね。

最近ではAbemaTVのインターネットテレビの事業も立ち上げており勢いのある企業と言えます。

2009年5月からゲーム事業に参入し、「グランブルーファンタジー」のCygamesなどの人気ゲームも提供しています。

設立からおよそ20年もたち、日本を代表するIT企業といえるでしょう。

IT企業の仮想通貨事業への続々参入

今年に入ってから、IT企業の仮想通貨事業へ続々と参入しています。

GMOインターネット株式会社は取引所事業・マイニング事業、DMMグループはマイニング事業へ参入を決めており注目を集めています。

 

これは仮想通貨業界の今後の成長を見込んで、多くの企業が参入を決定していることと思われます。(または、バブル状態かもしれない)

 

仮想通貨取引所は今までベンチャー系企業が主流でした。

仮想通貨の登録事業制度などの法整備が整い、今後IT系企業や大手企業などが参入し競争が激化していけば手数料が安くなるかもしれませんね。

日本の販売所で買うことのできるアルトコインの種類も少ないため、さまざまな企業に参入してもらい、購入がかんたんな環境ができるといいですね。

 

将来的には、仮想通貨は個人間での売買が手軽にできるのではないかと私は考えています。

分散型取引所(DEX)とは?特徴などについてまとめてみました!』でその点について詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

こういった分散型取引所よりも優位性を保っていけるか、これから注目していきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です