カウンターパーティー(XCP)とは?分散型取引・独自トークンの発行に利用できる!

こんにちは、ケンイチです。

今回はカウンターパーティ(XCP)について解説していきます。

※債務不履行状態を意味するカウンターパーティリスクとは関係ありません

カウンターパーティ(Counter Party)とは

カウンターパーティーとはビットコインのブロックチェーンを利用した、分散型金融プラットフォームのことです。

カウンターパーティーでは

  • 分散型仮想通貨取引
  • 独自トークンの発行

といったことができます。これらの取引をする際に基軸通貨XCPが利用されます。

トランザクションの承認アルゴリズムはビットコイント同じようにPoW(Proof of work)が採用されていますが、初期分配の際にPoB(Proof of Burn)が採用されました。

 

カウンターパーティ(Counter Party)の特徴

ビットコインのブロックチェーンを利用している

カウンターパーティーはビットコインのブロックチェーン上で構成されています。

そのため利用する際にはBTCを少額使用します。

また、ビットコインのセキュリティの高いブロックチェーンの恩恵を受けています。

PoB(Proof of Burn)

Proof of Burn は、XCPを一番最初に配布するときに利用されました。

「1CounterpartyXXXXXXXXXXXXXXXUWLpVr」というビットコインアドレスにBTCを送信することで、カウンターパーティの通貨であるXCPを貰いうことができました。

 

これは、仮想通貨を配布するときにおこる「不平等」を解決するすばらしい方法です。

Premineを行う通貨であると、デベロッパーなどの中央関係者によって通貨をノーリスクで手に入れることができますが、Proof of Burnであれば、BTCをBurnすることで誰でも公平にXCPを手に入れることができるのです。

 

また、「1CounterpartyXXXXXXXXXXXXXXXUWLpVr」という規則的なアドレスからわかるように、これに対応する秘密鍵は誰も知ることができません。

BTCに送金することでXCPが自動的に入手することができるため、最も公平で透明性の高い配布方法といわれています。

チューリング完全

Ethereumで利用されている、チューリング完全(あらゆる言語を記述可能)とよばれる言語を、カウンターパーティでも使用されています。

 

そのためEthereum上で実行できるプロジェクトを、ビットコインのブロックチェーン上でも再現することが可能となっています。

 

カウンターパーティ(Counter Party)のメリット・デメリット

ビットコインのブロックチェーンを利用していることもあり、高いセキュリティ性を備えています。

しかし、トランザクションの承認に10分かかるなどのビットコインと同じように制約を受けます。

このようにビットコインが正常に機能し続けなければ。カウンターパーティは利用できません。

 

最近ではビットコインのハードフォーク等の問題も多発していることから注意が必要です。

 

カウンターパーティ(Counter Party)の仕様

公開日 2014年01月02日
名称 Counterparty
承認アルゴリズム Proof of Work (Bitcoin)
ブロック報酬 なし (Bitcoin)
ブロック生成間隔 10分ごと (Bitcoin)
公式サイト https://www.counterparty.io/

 

カウンターパーティ(Counter Party)の価格

 

まとめ

カウンターパーティーは独自トークンを作成することができるため、さまざまな通貨が存在します。

「ホリエモンカード」という堀江貴文さんが発行した通貨も高値で売買されていました。

 

分散型取引所の流通量もまだまだ小さいため、もっと活発に取引がされるようになってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です