分散型取引所(DEX)とは?特徴などについてまとめてみました!

こんにちは、ケンイチです。

中央集権的な仮想通貨取引所は常にGOXされる(ハッキングされるという意味)危険性を隣り合わせています。

しかしそのGOXする可能性が全くない取引所が分散型取引所(DEX,Decentralized EXchange)です。

 

この記事では、分散型取引所(DEX)の特徴や実際にどんな取引所があるのか解説していきます!

分散型取引所(DEX)とは

分散型取引所はDecentralized EXchangeの頭文字をとってDEXと呼ばれています。

DEXは、仮想通貨の取引を所有者同士で行うためのプラットフォームです。

そのため取引所へ通貨を預けないので、自身の通貨がなくなるといったことは絶対にないのです。

 

2014年にあったMt.GOX事件では、ハッキングにより取引所から莫大な金額が流出しました。

この事件により、ビットコインは暴落し信頼を一時落としました。

現在でもハッキングは多発しており、額の大きい通貨を取引所へ預けることは危険だという認識が浸透しています。

 

分散型取引所(DEX)のメリット・デメリット

メリットとしては

  • GOXすることがない
  • 身分証明がいらいない
  • 低コストで取引が可能

デメリットとしては

  • 出来高が少なく流動性が低い
  • マネーロンダリングの危険性

などがあげられます。

 

身分証明がいらないのは大きなメリットですね。DEX登録後、ウォレットアドレスがあれば手軽にトレードも可能です。

 

デメリットとしてあげられる流動性の低さも、今後DEXのシステムが向上し出来高も増えれば改善されていくでしょう。

 

分散型取引所(DEX)のまとめ

実際に現在稼働中の分散型取引所(DEX)を紹介します。

Ether Delta (イーサデルタ)

 

イーサリアムブロックチェーン上の全てのトークンを取引可能です。

マイナーなトークンが有名取引所上場前に取引できるので、草コイン好きの方にとっては必須です!ただし、操作性が非常に悪い・・

 

Waves platform DEX

wavesが一番有名かもしれないですね。

トークン化プラットフォームとしてさまざまなことができます。取引もBTCや法定通貨への換金も可能です。

Counterparty DEX

 

カウンターパーティで作ったトークンを取引できます。

スマホでもDEXがお手軽にでき人気です。よくブロガーが独自のトークンを作成していますよね。

 

まとめ

分散型取引所(DEX)はまだまだ操作性が悪いものがあったり、普及していないこともあって使い勝手は悪いです。

しかし中央集権的な取引所におけるハッキングに対する脅威はますます増しており、仮想通貨のあるべき姿・トラストレスは失われつつあります。

その点、今回ご紹介したDEXなどはこうした問題にかなりの強みがあるため、将来的には分散型取引所がトレードの主流になるのではないかと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です