マーケット・キャップとは?「CryptoCurrency Market Capitalizations」の使い方を解説します!

仮想通貨全体の時価総額を調べるには、「CryptoCurrency Market Capitalizations」がとても便利です。

このサイトのウィジェットがかなりキレイに仕上がっているので、仮想通貨サイトなどを運営されている方はぜひ使ってみてください!

そもそもマーケット・キャップって?

マーケット・キャップとは、時価総額のことです。

Market Capitalization を Market Cap(マーケット・キャップ)と略してよばれています。

 

時価総額は、その通貨の市場規模を示しています。マーケット・キャップが大きければ大きいほど、その市場が大きいということです。

また、マーケット・キャップは以下の式で表現できます。

マーケット・キャップ=通貨1単位辺りの値段 (Price)× 通貨の供給量 (Supply)

一単位当たりの値段がもしも3倍になれば、時価総額も3倍になります。

 

「CryptoCurrency Market Capitalizations」の使い方

CryptoCurrency Market Capitalizations」の使い方について、解説していきます。

基本的な使い方・できること

各仮想通貨の時価総額を確認することができます。

 

 

金額を円建て表示にすることも可能です。プルダウンしてJPYを選択しましょう。

 

トークンの時価総額も確認することができます!

現在はOmiseGOがトップなのですねぇ。意外と知りませんでした。

 

「Trending」をプルダウンして「Biggest Gainers and Losers」を選択すると、直近24時間の価格上昇率ランクが確認できます。

一日で306%上昇とかあるのですが、、ICOバブルですね。

 

Biggest Losersは下落率ランクを確認できます。

 

ウィジェットを設置する

CryptoCurrency Market Capitalizationsでは、ウィジェット用のタグを生成してくれるので、サイトページの作成にとても便利です。

「Tools」をプルダウンして、「Website Widget」を選択!

 

以下のようなウィジェットを設置できます。

 

結構便利なので、参考にしてみてください。

以上ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です