モナコイン(MONACOIN)の特徴や使い方について解説します!

こんにちは。ケンイチです。

現在、日本は世界で一番仮想通貨が取引されている、仮想通貨大国です。その日本で最初に誕生した仮想通貨がモナコイン。

今日はモナコインの特徴や将来性について解説していきます。

モナコインとは

モナコインは日本初の国産仮想通貨です。

2chで誕生したことから、通貨は「モナー」を基に作られており、他の通貨にはない見た目のかわいさがあります。

モナコイン概要

  • 公開日 2014年1月1日
  • 名称 MonaCoin
  • 承認アルゴリズム PoW
  • ブロック生成間隔 90秒ごと
  • 設計者 Mr.Watanaba

モナコインの時価総額

モナコインの時価総額は2017年10月現在で220億円程度です。

10月12日からのモナコインの高騰により、仮想通貨時価総額ランキング100位あたりから一気に25位まで上昇しています。

モナコインの特徴

国産仮想通貨モナコインにはどんな特徴があるのか、確認していきましょう。

ツイッター上でチップ(投げ銭)を送ることができる

モナコインでは、ツイッター上で登録の必要なく、チップを送ることができます。

ツイッターアカウントさえ持っていれば、送りたい相手へ送金できるため、実際にチップを送る際にモナコインが利用されています。

チップ・投げ銭といった文化は少しづつ浸透してきています。

SHOWROOMなどのサービスでも気に入ったアーティストにチップ・投げ銭を行えますよね。

 

インターネット上でみつけた気に入ったアーティストなどに、今までよりも手軽にチップ・投げ銭をできるようになりました。

さらに、実際にそういったコミュニティで利用され始めている点は、モナコインの最大の長所であるといえます。

 

取引スピードが早い

モナコインは、ビットコインと同じように通貨として利用されるため設計されています。

ビットコインはブロック生成が10分毎ですがモナコインは90秒毎ととても早く、実用性のあるコインであるといえます。

 

SegWitが実装された世界初の通貨

2017年4月27日にモナコインはSegWitを実装した、世界初の通貨です。

SegWitは取引処理を向上させるためのアップデートのことで、ブロックチェーン上のトランザクションを圧縮することを意味しています。

いち早くSegWitに対応した優秀な通貨であるといえますね。

 

チップモナの方法

ツイッター上のモナコインちゃんにツイートするだけで、チップを送ったり受け取ることができるサービスです。

チップモナで残高確認

「@tipmona balance」とツイートすると、残高が確認できます。

 

 

チップモナに入金する

「@tipmona deposit」とツイートすると、入金用アドレスがリプされます。

 

チップモナから出金する

「@tipmona withdraw 金額 アドレス」で出金できます。

チップモナから送金する

「@tipmona tip @相手のtwitterID 金額(半角数字) コメント」で、チップしたい相手へ送金できます。

 

 

モナコインの使えるお店

モナコインの使えるお店についてまとめてみました。

ARK

ARKは秋葉原のパソコン専門店です。ビットコイン・モナコインで購入が可能です。

MONAPPY

MONAPPYはモナコイン総合コミュニティサイトです。さまざまなイラストなどが販売されており、モナコイン決済をすることができますよ。

Bitcoinmall

Bitcoinmallは仮想通貨家再可能なECサイトです。家電製品やAV機器など様々な商品をそろえています。

モナコインの将来性

数少ない国産の仮想通貨ですので、今後も期待していきたい通貨ですね。

チップモナもとても便利ですし、ゲーム・アートさまざまなコミュニティーでチップ・投げ銭が利用されてています。

実際に需要がある点については、他のアルトコインにはないモナコインのアドバンテージでもあります。

 

2017年10月12日ころから相場も急騰(先月日で一時12倍)していますので、今後も目を離せません!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です