MyEtherWalletの使い方・作成方法について解説します!

こんにちは。ケンイチです。

この記事ではMyEtherWalletの使い方や作成方法について解説していきます。

 

MyEtherWalletはICOで使用されるトークンの受け取りにおいて必須なツールですので、まだ導入されていない方は必読ですよ!

 

MyEtherWalletってなに?

MyEtherWalletとは、イーサリアム(ETH)やその他のトークンを保存するために使われるウォレットです。

オフライン上で、仮想通貨を管理する「コールドウォレット」を作成することが可能となります。

 

また、参加しているICOからトークンを受け取ることができる点が最大の特徴です。

ICOにこれから参加していきたい!という方は必ず導入しておいた方がいいでしょう。

MyEtherWalletの作成方法は?

MyEtherWalletの導入方法は非常に簡単です。

1.アクセス・パスワードの設定

まずはMyEtherWalletにアクセスします。

日本語表記が準備されていますので、言語を切り替えましょう。

 

ウォレットを保管しておくための大切なパスワードを設定します。

9文字以上で設定は可能ですが、ハッカー等による流出の危険性もあるのでなるべく20文字以上で設定する方が良いでしょう。

 

2.ファイルダウンロード・秘密鍵を保存

パスワード設定後、keystore/JSONをダウンロードします。

今後ウォレットを開くときに必要なファイルですので大切に保存しましょう。

 

秘密鍵が表示されますので、こちらも大切に保管しましょう。

この鍵はウォレットを開錠するときに必要なものなので、決して他人に知れられてはいけません!注意して取扱います。

その後、「Next:Save your Adress」を押せばウォレットの作成は完了です。

 

お財布の情報を見る

ウォレットのアドレスや資産状況を確認するには、まず「お財布情報を見る」をクリックします。

お財布を開くには、さまざまな方法で行うことが可能ですが、ここでは「秘密鍵」を使って操作していきます。

 

先ほどメモをした「秘密鍵」を入力後、「お財布をアンロック」をクリックすることでお財布情報が確認できます!

MyEtherWalletをバックアップする

いざというときのために、MyEtherWaletのバックアップをとっておきましょう。

『お財布情報を見る』 を選択すると、下のようにお財布情報が表示されるます。

  • Keystore ファイル (UTC / JSON · 推奨 · 暗号化)
  • 秘密鍵(未暗号化)
  • お財布紙情報(印刷しておきましょう)

上の3つは確実に保存しておけば大丈夫です。

 

ちなみに、画像に表示されている自分のアドレスは公開しても大丈夫です。

『自分のアドレス』は銀行口座の番号のようなものなので、秘密鍵が流出しない限り、通貨がとられたりすることはありません。

 

まとめ

この記事では、MyEtherWalletの使い方について説明してきましたが、意外と簡単に登録することができましたね。

取引所で購入したETHを保存したり、ICOに参加した際のトークンの受け取りに利用することも可能です。

現在は、Airdropなどの無料でトークンや通貨を受け取れるイベントが盛んにおこなわれているので、MyEtherWalletを登録したらAirdropに参加してみましょう!

PoSToken欲しいな・・。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です