仮想通貨ネム(NEM/XEM)の特徴について解説します!将来性はどうなの?

2015年に公開された比較的新しい仮想通貨のNEM

PoIを採用していることからビットコイン、イーサリアム、リップルと並びとても期待されている通貨でもあります。

この記事では、「NEMがどのような通貨なのか」「今後のNEMの展開」などについて解説していきます。

 

NEMとは

NEMは2015年に公開された比較的新しい仮想通貨です。

ビットコインと同じようにP2Pネットワーク上の任意のノードが取引を承認し、ブロックに格納していくため不正の起きにくい通貨です。

またProof of Importanceを採用していることと、セキュリティレベルの高さが特徴になります。

またNEMの総発行量は8,999,999,999XEMで全NEMが発行されています。Bitcointalkの1,600人の投資家に均等に分けられたのが最初です。

 

PoI

NEM最大の特徴がPoI(Proof of importance)を採用していることです。

PoIとはビットコインのPoWやイーサリアムのPoSの問題点を解消している承認アルゴリズムのことです。

 

PoWやPoSでは、お金持ちがさらにお金をもつという構造のシステムでした。

しかしPoIでは「ユーザーの重要度」が重視されているため、お金の偏りを少しでも減らす仕組みになっています。

全ての人に平等に機会が与えられることから、このことを「富の再分配」と呼ばれています。

 

PoW,PoSとPoIの違いについては『コンセンサスアルゴリズムとは?PoW・PoS・PoIとは?』で解説していますので、こちらをご覧ください。

 

ハーベスティング

ビットコインなどでは「マイニング」「マイナー(採掘者)」と呼ばれていますが、ネムにおいては「ハーベスティング」「ハーベスト(収穫者)」といいます。

 

この承認作業は10,000XEM(Vested Balance)持っているアカウントであれば行うことができます。

またASICなどの特定用途用マシンでなくても個人のPCで可能です。

 

所持しているXEM、取引をした額や回数などNEMへの貢献度で総合的にimportanceを判断し、ランダムにハーベスティングが行われます。

 

2種類のハーベスティング

ローカルハーベスティングと、委任(デリゲート)型ハーベスティングがあります。

ローカルハーベスティングはPCの電源を立ち上げた状態で行います。

委任(デリゲート)型ハーベスティングは、委任する形でハーベスティングを行うので、PCが落ちていてもハーベスティング可能です。

スーパーノードと呼ばれる任意の上位ノードにハーベスティングを委任することでハーベスト報酬を得ることができます。

 

セキュリティが高い設計

 

NEMではEigenTrust++というアルゴリズムを採用してセキュリティを強化しています。

EigenTrust++はNEMのノードを常に評価し監視を行っています。

そのため、不正な承認作業が起こりづらくなっています。

 

NEMのアポスティーユとは?

世界初の所有権が移転可能な証明書発行ツール「アポスティーユ」が利用できます。

ファイルをブラウザにドラッグ&ドロップしてハッシュを生成しNEMまたはmijinブロックチェーン上に記録します。

土地などの登記・契約書類・売上会計記録などの活用が期待されています。

 

 

通常、証明書を発行するには役所で面倒な手続きが必要です。

しかしそういった証明書をブロックチェーン上で発行することができるため非常に取り扱いが楽になります。

 

NEMのアップデートについて

テックビューロ社とNEMのデベロッパーが開発しているNEMのアップデート「カタパルト」が2017年にリリースを予定しています。

 

「カタパルト」ではNEMの能力が格段に上昇し、クラウドサーバー上で秒間3,000トランザクション以上を実現可能とするのです!

ビットコインの処理能力が7件/秒ですので、、かなり早い処理能力であるといえます。

 

 

NEMのWallet機能について

Nano Wallet(デスクトップ版)

NEM/XEM(ネム)の公式が推奨しているウォレットです。

ハーベスティングは委任ハーベスティングのみ

こちらからページからダウンロード可能です。

 

NCC(ブラウザ版)

現在は非推奨となっています。

ローカルハーベスティングと委任ハーベスティングが可能です。

 

モバイルウォレット(スマホ版)

2017年4月よりiOS版のネムウォレットアプリがリリースされました。

送金や入金がラインのトークのように表示されます。

iOS版はこちら

Android版はこちら

 

NEMの仕様について

  • 公開日 2015年3月31日
  • 開発者 Utopianfuture
  • コンセンサスアルゴリズム Proof of Importance
  • 承認時間 約1分
  • 上限発行枚数 約90億(全て発行済み)
  • ブロックチェーンURL http://chain.nem.ninja/#/blocks/0

NEMの価格について

 

 

まとめ

NEMの特徴について解説してきました。

Proof of Importanceを採用していることから、PoWやPoSの通貨よりも高いポテンシャルを秘めていると感じています。

また、カタパルトが実装されればXEMの価格にも大きな影響出そうですね!

 

Zaif取引所の登録方法

XEMを購入するには、手数料の安いZaifをお勧めしています。

Zaif取引所の登録方法はとても簡単です。

  1. Zaif取引所でメールアドレス登録,ユーザー仮登録
  2. 基本情報・口座情報を登録
  3. 電話番号認証・本人確認書類を登録
  4. 郵送による本人確認
  5. 銀行、クレジットカードなどから入金
  6. 入金後にNEMを購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です