Proof of burnとは?「燃やすことによる証明」の意味とは

ビットコインのブロックチェーンを利用したアルトコインのうち、カウンターパーティというものがあります。

カウンターパーティでは、独自の通貨を発行・配布するために「Proof of burn」という手法がとられました。

この記事では「Proof of burn」とは何か、どのようなメリットがあるのか、について解説します。

Proof of burn が誕生した背景

おおくのアルトコイン、とりわけPremineタイプのコインでは、分配方法が問題となることがしばしばあります。

Premine(プリマイン)とは通貨を公開する前に関係者が一定量を事前に採掘することをいいます。

リップルやネクストコインなどがこのタイプのコインです。

 

これらのコインは一般公開される前に、開発者・支援者などの中央にいるものによって一定量が分配されています。

当然この分配する方法は、中央にいる人の独断と偏見によって中央集権的に決定されています。

ここがPremineタイプの通貨の欠点と言えます。

 

この欠点を排除し、公平に分配する方法が「Proof of burn」という手法です。

Proof of burn について

「Proof of burn」とは、「誰にもわからないビットコインアドレスにビットコインを送金し、二度とコインを使えなくすることによる証明」です。

このとき、二度と使えなくなる状態にしたことをお金を燃やすことに例えてこのような名称となっています。

 

「Proof of burn」では、ビットコインを送金して犠牲にすることで新しい通貨が発行されます。

このとき、通貨が送信されているかはビットコインのブロックチェーン上で確認することも可能です。

 

そしてこの「Proof of burn」を初めて採用した通貨がカウンターパーティなのです。

カウンターパーティについて

カウンターパーティは独自通貨の「XCP」によってカウンターパーティ上で利用することができます。

この「XCP」の初期の分配する際に、「Proof of burn」 が採用されました。

カウンターパーティでは「1CounterpartyXXXXXXXXXXXXXXXUWLpVr」のビットコインアドレスにビットコインを送信することで、XCPが貰える仕組みとなっています。

「1CounterpartyXXXXXXXXXXXXXXXUWLpVr」という規則的なアドレスですので、誰もその秘密鍵を知ることはできません。

そのためこのアドレスにおくることがBurnとなるわけです。またアドレスはBlockchain.infoから確認可能です。

 

 

さらにカウンターパーティー開発陣によって、Burnされたビットコインに応じてXCPが分配されるという仕組みを、プロトコルレベルで組み込むこととしました。

このことによって、開発陣・デベロッパーを含むカウンターパーティーネットワーク上のすべての人に対して、このプロトコルが適用されることとなります。

このようにしてカウンターパーティ(XCP)を公平に分配したのです。

まとめ

ビットコイン・仮想通貨では、さまざまな通貨の合意形成の方法が存在しています。

承認アルゴリズムの記事については、以下でも説明しています。

コンセンサスアルゴリズムとは?PoW・PoS・PoIとは?

 

そのなかでもProof of burn という分配方法は最も公平で透明性の高い配布方法といわれています。

カウンターパーティでは、さまざまな通貨が発行できたりとおもしろい通貨ですので今後も注目していきたいところです。

カウンターパーティー(XCP)とは?分散型取引・独自トークンの発行に利用できる!』でもカウンターパーティについて紹介していますので是非読んでみてくださいね。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です