リップルを利用した送金アプリ「Money Tap」発表。住信SBI銀行などが参加

こんにちは、ケンイチです。

今回は住信SBIネット銀行から発表されたアプリ「Money Tap」について解説していきます

 

「Money Tap」とは

住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行がリップルを利用した送金アプリ「Money Tap」を4月から試験運用するとの発表がありました。

口座番号や携帯電話番号を使って、個人間の送金をリアルタイムに行うことができるとのことです。

 

リップルの「xCurrent」をクラウド上で実装する次世代金融基盤「RCクラウド2.0」に接続することで送金を可能にします。

将来的に友人や家族の電話番号やQRコードが分かるだけで、お金を送るようにできるようになればとても便利になりますよね。

住信SBI銀行の行動に注目

住信SBI銀行といえば、仮想通貨取引にかかせない銀行です。

国内の仮想通貨取引所の多くに対応しており、即日入出金が低手数料で行うことが可能です。

 

また2018年Q2~Q3からは仮想通貨取引所SBIバーチャルカレンシーのサービス開始が期待されています。

取引所の運営が始まれば、住信SBIネット銀行やMoneyTapとの連携もされていく可能性もあり、利便性の高い取引所となるのではないかと思っています。

 

住信SBIネット銀行はとても便利ですので開設しておくことをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です