未来予測市場を生み出す仮想通貨ストックス(STOX)とは?特徴や取扱取引所は?

こんにちは、ケンイチです。

今回は未来予測市場を実現する仮想通貨ストックス(STOX)の特徴について解説していきます。

ストックス(STOX)とは

ストックスとはBancor(バンカー)を基盤とした未来予測市場のプラットフォームのことです。

未来予測市場というとききなれませんが、投資などの世界では「先物市場」と呼ばれています。

身近なものでいうと、ギャンブル・ブックマーカーのことです。未来予測をするブックメーカーは海外、特に欧米で非常に人気です。

こうした市場に対して、ストックス(STOX)が活用されていくと見込まれています。

 

ストックスはプロボクサーの絶対王者「メイウェザー」や、スペインの強豪バルセロナのスター選手「ルイス・スアレス」などによってICOの宣伝が行われたことで、一気に注目度が上昇しました。

その結果、なんと40億円もの資金調達をしています!

 

ブロックチェーンと未来予測市場

ギャンブル・ブックメーカには、運営するための胴元が必要となります。

そのため、そのようなギャンブルに参加するには「胴元を信頼すること」が必要になります。

また、胴元の運営費が必要であるため、掛金はすべてリターンされません。

 

しかしストックス(STOX)であれば、このギャンブルへのオッズ・預り金・結果まですべてをブロックチェーン上に記録することができます。

そのため、胴元のないあらたな予測市場が実現できるのです。

 

ストックス(STOX)の将来性

オーガー(Augur)も未来予測市場を実現するためのプラットフォームとして注目されており、将来的には競合していくと思われます。

時価総額もオーガーには及びませんが、「メイウェザー」や「ルイス・スアレス」など大物スポーツ選手を起用したマーケティングが積極的に行われています。

このような活動からストックス(STOX)が市場に有利に働いていく可能性も十分に考えられます。

 

ストックス(STOX)を運営しているinvest.comは金融プラットフォームの企業であり、信頼感もあります。

また、その大株主には中国版Facebook「人人網」が存在しています。

中国版Facebook「人人網」に実装されるようなことがあれば、、おもしろいですね。

 

ストックス(STOX)の価格

 

購入方法

2014年にシンガポールでスタートしたQUOINEXで、ストックス(STOX)の上場が決定しました。

こちらからQUOINEXをチェックできます

 

まとめ

ストックスは未来予測市場を実現する仮想通貨であることが分かりました。

また、多くの有名人を活用した宣伝も行っており、今後の展開にも要注目です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です